9月生まれのベビー服B

9月生まれのベビー服B

●小物
外出の時や、肌寒く感じるときに肌着やウェアの他に着用します。

 

★おくるみ(もしくはアフガン)

首のすわらない時期の赤ちゃんをくるんだり、お昼寝の際に敷いたり、ブランケット代わりに使える四角い布です。オムツ替えの時にも使われることがあります。生後0ヶ月から2歳くらいまで使用できます。赤ちゃんの頭を入れやすいように角に三角形のポケットがついているタイプもあります。枚数は1枚から2枚ほど用意できれば、洗濯した時に代わりがあるので良いかもしれません。
素材はガーゼなどの比較的乾きやすいものを選びましょう。産まれる前に準備しておくと退院の時にも使うことができます。

 

★ベスト

ちょっとした体温調節の際に使われるベビー服です。特に肌寒い時期に活躍します。生後0ヶ月から2歳くらいまで使われます。9月生まれの赤ちゃんの場合、1枚から2枚用意しておくと良いでしょう。素材は洗濯のしやすい綿パイルを選ぶと便利です。長期間使えるので、少し大きめのサイズを購入しても問題ありません。

 

★帽子

寒さや夏の紫外線など、デリケートな赤ちゃんの頭を守るために使われます。生後0ヶ月から幼児期まで使えるので、1個は用意しておきたいものです。大きめのサイズではなく頭にピッタリなサイズを選ぶのがコツです。ゴム付きのものなら落ちにくくなるのでなお良しです。

 

★靴下とレッグウォーマー

赤ちゃんの場合、室内にいる時は裸足でいることが大半のため、どちらも外にお出かけするときに使われます。
靴下は怪我や虫刺され、足の冷えを予防します。レッグウォーマーは、体温調節や紫外線から守るときに使うと便利です。2足から3足ほど用意しておくと良いでしょう。
9センチから10センチくらいの幅の小さめなタイプが使いやすいです。ただし、新生児期は外に出る機会はそれほどなかったりもしますので、あまり買い揃え過ぎないように注意してください。

 

★ミトン

赤ちゃんが自分の爪で顔などをひっかかないように使われる手袋です。主に0ヶ月から3ヶ月の間に使われます。3ヶ月以降は手の動きを制限することにもつながるため、1個用意しておけば充分でしょう。ゴムがゆるすぎないものを選ぶのがポイントです。

 

■ベビー服の組み合わせ

ベビー服は室内と屋外での着せ方の組み合わせが異なります。

 

●室内

室内の場合は、季節にもよりますが、エアコンが効いていることが多いため、肌着1枚とウェア1枚の組み合わせが基本となります。
冬に関しては、冷えすぎないように、肌着をもう1枚重ねましょう。短肌着と長肌着もしくは、短肌着とコンビ肌着の組み合わせがちょうど良いかもしれません。

 

●屋外

屋外の場合は、肌着1枚とウェア1枚のほか、帽子などの小物やアウターを重ねることで対応していきます。

 

■まとめ

9月生まれのベビー服は、短肌着を5枚から6枚、長肌着を1枚から2枚、コンビ肌着もしくはボディタイプを3枚から4枚、ツーウェイオールを3枚から4枚、ロンパースを3枚から4枚準備しておくと良いでしょう。赤ちゃんの成長は早いため、いっぺんに用意するよりも、タイミングを見計らいながら買い足していくほうが経済的でしょう。「せっかく買ったのに使わなかった」というのを防ぐためにも、上手に購入したいものです。